本厚木駅から6分、すべて手づくりの雑貨店。そのお店に作品を並べる作家さんみんなの手づくり日記*


by sere-sakka

泡入りグラス

c0136114_061417.jpg


月に一度、お店番をさせていただいてます、宙色風船です。
吹きガラスで器を中心に作っています。

暑~い夏も一段落して、吹きガラスも少し楽になってきました。
(真夏は、吹き場の温度が40℃を超えることもざらです(^^;)
しばらく作品を出せずにおりましたが、少しずつ新作を納品したいと思っていますので、宜しくお願いいたします。

写真は泡入りの台付きグラスです。
飲み物を飲むのはもちろん、グリーンや花を飾ってみたり、キャンドルを入れてみたり、使い方はいろいろです。
ガラスは”夏!”のイメージが強いですが、1年中身近に置いて使ってもらえるような、温かみのある作品を目指してます。ぜひ一度、お店で手に取ってみてくださいね。


*****

noharaさんの記事を読んで、私も少し。
吹きガラスは、1400℃近い高温でガラスを熔かし、水あめ状のガラスに息を吹き込んで作ります。とっても、とってもエネルギーを使う技法です。環境問題が叫ばれている世の中で、これだけのエネルギーを消費し、CO2を放出していることに対し、正直考えさせられることもあります。
でも。その分、作る時は一生懸命に。そして、なるべくガラスのゴミは出さないように、失敗しても透明ガラスは再び熔かしてリサイクル。色ガラスは、そのまま捨てたら産業廃棄物ですが、小さく砕いていろいろな色を組み合わせ、電気炉で焼いてアクセサリーなどに生まれ変わらせています。ガラスも一つの資源、大切に、大切に使う努力をしています。

中国製の量販物が氾濫する、現在の日本。
多少イビツでも、値段が張っても、手づくりの温かみが感じられるもの、日本が本来持っている
高度な技術が生み出すものが見直されるといいなぁと、お店番をしながら考えたりしつつ、大勢の作家さんの愛情こもった作品に囲まれて、楽しませていただいてますよ~。
[PR]
by sere-sakka | 2007-09-17 00:13 | セレお店番作家さん